FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでの講師一覧

1998年(第1回)
ミュージカルシアター"天然木" Musical Theater TENNENBOKU
 「パフォーマンス公演」
永幡幸司 Koji NAGAHATA
 「日本の俳句にみられる音環境」
樋口聡 Satoshi HIGUCHI
 「ディスカッション」
NORA & 若尾裕 NORA & Yu WAKAO
 「演劇ゲーム、音遊び、即興表現」
若尾裕 Yu WAKAO
 「ミュージック・サーチ」「サウンドウォーク」


1999年(第2回)
野村誠 Makoto NOMURA
 「音楽づくりワークショップ」、テーマ・ディスカッション「音楽における即興と直観」
カール・ベアストレム=ニールセン Carl BERGSTROEM-NIELSEN
 「即興演奏ワークショップ」
倉本高弘 Takahiro KURAMOTO
 「即興音楽の楽しみ」
若尾裕 Yu WAKAO
 「演劇ゲーム、音遊び、即興表現」「ミュージック・サーチ」「水中で聴く音楽」「川本町サウンドウォーク」


2000年(第3回)
ゴットフリート=ウィレム・ラエス Godfried-Willem Raes
 「表現を形に」「見えない楽器を奏でる」
モニク・ダルジュ Moniek Darge
 「表現を形に」「見えない楽器を奏でる」
北島尚志 Hisashi KITAJIMA
 「表現・イメージ遊び」
若尾裕 Yu WAKAO
 「サウンドスケープ・ワークショップ」


2001年(第4回)
山田衛子 Eiko YAMADA
 「即興音楽ワークショップ」
新井英夫 Hideo ARAI
 「野口体操・表現ワークショップ」
若尾裕 Yu WAKAO
 「音楽療法ワークショップ」


2002年(第5回)
巻上公一 Koichi MAKIGAMI
 「即興音楽ワークショップ」
堀川久子 Hisako HORIKAWA
 「すべての人のためのダンス・ワークショップ」
若尾裕 Yu WAKAO
 「音楽療法における即興」
山田衛子 Eiko YAMADA
 「即興音楽ゲーム」
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「詩のボクシングを楽しもう」



2003年(第6回)
大友良英 Yoshihide OTOMO
 「誰でも参加できるポータブルオーケストラの試み」「John Zorn's Cobra(超簡易版)」
C.I.co. (シーアイシーオー)(勝部ちこ 伊藤真喜子)
 「CI.Co ダンス・ワークショップ 」
山田衛子 Eiko YAMADA
 「即興音楽ゲーム」


2004年(第7回)
ウルス・ライムグルーバー Urs Leimgruber
 「インプロヴィゼーション・ワークショップ」
大倉侍郎 Jiro Okura
 「ドローイング・ワークショップ」
若尾裕  Yu WAKAO
 「ウェルカムセッション」
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「めざましセッション」


2005年(第8回)
ジョエル・レアンドル Joelle Leandre 
 「インプロヴィゼーション・ワークショップ」
椎名亮輔 Ryosuke Shina
 哲学ワークショップ「時を聴く」
若尾裕 Yu WAKAO
 「ウェルカムセッション」
寺尾孝太 Kota TERAO
 「めざましセッション」
加藤チャーリー千晴 Chiharu Charlie KATO
 「めざましセッション」


2006年(第9回)
藤本由紀夫 Yukio FUJIMOTO
 「偶然と即興」
江崎將史 Masafumi EZAKI
 「顕微鏡で覗いてみる微小音の世界」
山田衛子 Eiko YAMADA
 自主企画ワークショップ
沼田里衣 Rii NUMATA
 自主企画ワークショップ
寺尾孝太 Kota TERAO
 自主企画ワークショップ
加藤チャーリー千晴 Chiharu Charlie KATO
 自主企画ワークショップ
永幡幸司 Koji NAGAHATA
 自主企画ワークショップ
堀尾貞治 Sadaharu HORIO
 自主企画ワークショップ

シンポジウム:
 若尾裕(司会)、江崎將文、山田衛子、石村真紀、藤本由紀夫、堀尾貞治、岩井正浩


2007年(第10回)
トレヴァー・ウィシャート Trevor WISHART
 「声の探求」
ミヒャエル・フィッシャー Michael FISCHER
 「自由即興オーケストラ」「ヨーロッパ・フリーインプロの歴史」
若尾裕 Yu WAKAO
 「CMF,この10年のあゆみ」
沼田里衣 Rii NUMATA
 「音遊びの会プロジェクト」について
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「口琴やろうぜ」「クリエイティブ合唱団」
新井英夫 Hideo ARAI
 「ダンス/体奏」


2008年(第11回)
中山和也 Kazuya NAKAYAMA
 「山の向こうまで手をのばせ」
杉本拓 Taku SUGIMOTO
 「何かの音楽」
若尾裕 Yu WAKAO
 「即興作曲4'33」
新井英夫 Hideo ARAI
 「からだを奏でる・ダンス的ココロ」


2009年(第12回)
藤枝守 Mamoru FUJIEDA
「リスニング・イマジネーション」
安野太郎 Taro YASUNO
 「接続して創る新しい演奏法」
杉浦未樹 Miki SUGIURA
 「身体から声を聴く、声から身体を聴く」
若尾久美 Kumi WAKAO
 「図形楽譜わらしべ法」


2010年(第13回)
足立智美 Tomomi Adachi 
 「即興演奏の他者と空間」
鈴木昭男 Akio Suzuki 
 「裸の耳の回復」
mofa (樫下達也・村上理恵) 
 「路線図作曲」
若尾裕 Yu WAKAO
 「まずは導入のゲームから」
沼田里衣 Rii NUMATA
 「映画上映『音の城♪音の海』のアフタートーク」


2011年(第14回)
ドラびでお 一楽儀光 Dora Video, Yoshimitsu Ichiraku(drums,Computer)
 「即興演奏による映像の可能性」
絹川友梨 Yuri Kinugawa
 「カラダとコエの即興あそび:演劇的表現のアプローチ」
若尾裕 Yu WAKAO
 「音楽のカルチュラル・スタディズ」
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「密かな音楽の愉しみ」
松下暢子 Yoko Matsushita
 「松下暢子のエネルギー談義」


2012年(第15回)
梅田哲也 Tetsuya Umeda
 「難しいことをなるべく簡単にやる」
坂倉杏之介 Kyonosuke Sakakura
 「欲求連鎖分析によるアーティストの創造環境の再構築」「心臓ピクニック」
徳久ウィリアム William Tokuhisa
 「クラヤミ―ノイズ合唱団」
新木安里子 Ariko Araki
 「歌うリハビリ」
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「密かな音楽の愉しみ plus」


2013年(第16回)
アサダワタル Wataru ASADA
 「リサイクル・「音楽」―音楽を使い回す生活知・例えば、流行歌のサイドストーリー創作WS(『会いたい』の主人公が『ロード』の主人公と心の隙間を埋め合う時)―」
沼田里衣 Rii NUMATA
 「平等で面白い音楽の作り方」
永幡幸司 Koji NAGAHATA
 「社会の聴診・・3.11以降の音の世界から私たちは何を聞き取ることができるか?」


2014年(第17回)
堀尾寛太 HORIO Kanta
「サウンド・インスタレーションを作る!」


2015年(第18回)
寺尾孝太 Kota TERAO
 「ジョン・スティーヴンスの《サーチ&リフレクト Search and Reflect》」
橋本知久 Tomohisa Hashimoto
 「ローレンス・D・ブッチ・モリスの《コンダクション Conduction》」
若尾裕 Yu Wakao
 「トレヴァー・ウィシャートの《サウンドファン Sound Fun》」
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「ジョン・ゾーンの《コブラ(アウトロー版)Cobra (outlaw version)》」


2016年(第19回)
ジェネティック合唱団 Genetic Choir
Yinske Silva, Kristien Sonnevijlle, Thomas Johannsen, Hans Paape, Ralph de Rijke, Petra Pieck, Tanaquil Schuttel, Monica Coronado
 「楽譜を勉強しないでできる音楽づくり」,「作品生成システム」
丸町年和 Toshikazu Marumachi
 「能コーラス―謡ってみる」
高橋道英 Doei Takahashi
 「仏さまと遊びましょう―お経と声明と御詠歌と」
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
 「多様性を大切にしたステージづくり」,「実験的な合唱団を観よう」

シンポジウム「合唱の未来」
 寺内大輔(司会),若尾裕,Thomas Johannsen,寺沢希


2017年(第20回)
角田俊也 Toshiya TSUNODA
柳沢英輔 Eisuke YANAGISAWA
 「サウンドレコーディング」


2018年(第21回)
山根明季子 Akiko YAMANE
若尾裕 Yu Wakao
寺内大輔 Daisuke TERAUCHI
スポンサーサイト

CMF2011参加募集開始

参加募集中です!
お申し込みは、お早めに!!

お友達も、ぜひ誘ってくださいね。




CREATIVE MUSIC FESTIVAL 2011 
映像・演劇・音楽

application
●日程:2011年8月19日(金) 午後3時~21日(日) 午後2時 

●会場:広島県野呂高原ロッジ http://www.norosan.or.jp/ 
   広島県呉市川尻町板休5502番37  0823-87-2390

●募集人数:約30名

●参加費:
 一般28,000円(過去に参加したことがある方は27,000円)
 学生(学生で25歳未満) 26,000円
 参加費には、宿泊費(2泊分)と食事代が含まれています。
 (19日の夕、20日の朝、昼、夕、21日の朝、昼の計6食)

●お問い合わせ(資料請求)/お申し込み:
 CMF事務局  090-2801-1510(三宅)
 E-mail:cmfcmfあっトマーくnifty.com

●お申し込み締切:8月12日(金)
 ※部分参加または宿泊せずにプログラムのみに参加することも可能です。
 詳細につきましてはお問い合わせください。
 ※8月14日(日)以降のキャンセルはキャンセル料をいただきます。

●お振込:
 ゆうちょ銀行 支店名:四一八(ヨンイチハチ)
       口座番号:4159260
       口座名義:三宅珠穂(ミヤケタマホ)

●持参物:何か音の出るもの(楽器でも楽器でなくても可)、運動のできる服装と体育館用シューズ(絹川友梨ワークショップで必要)




schedule
8月19日(金)
15:00ー受付・ガイダンス
15:45ー17:45 ワークショップ1 絹川友梨
       「カラダとコエの即興あそび:演劇的表現のアプローチ 1」
19:00ー20:30 ワークショップ2 ドラびでお
       「即興演奏による映像の可能性 1」

8月20日(土)
09:00ー11:00 ワークショップ3 絹川友梨
       「カラダとコエの即興あそび:演劇的表現のアプローチ 2」
11:10ー12:10 レクチャー 若尾裕「音楽のカルチュラル・スタディズ」
13:10ー14:40 ワークショップ4 ドラびでお
       「即興演奏による映像の可能性 2」
19:00ー22:00 コンサート 
音楽に限らず、どのような表現でも発表することができます。
また、みんなで行いたい企画で実現可能なものなら、コンサートまでに準備して初演することもできます。

8月21日(日)
09:00ー09:50 ワークショップ5 寺内大輔「密かな音楽の愉しみ」
10:00ー11:30 ワークショップ6 ドラびでお
       「即興演奏による映像の可能性 3」
12:00ー14:00 さよならパーティー
14:00 解散


access
●会場へのアクセス

全日参加の方は、JR広島駅からの無料送迎バスがご利用できます。
(ご希望の方は、お申し込み時にお知らせください)。

送迎バス集合場所
JR広島駅新幹線口(北口)みどりの窓口前に19日13時20分集合

途中参加の方は、JR安芸川尻駅10:40発の送迎バスも利用できます。

『マイカー、公共交通機関で来られる方』
・山陽自動車道 西条ICから1時間20分(国道375号→国道185号)
・山陽自動車道 河内ICから1時間20分(国道432号→国道185号)
・JR広島から呉線「安芸川尻駅」まで1時間
・JR三原から呉線「安芸川尻駅」まで1時間05分
(JR安芸川尻駅からタクシーで20分/片道2,870円)




guests
ドラびでお 一楽儀光 Dora Video, Yoshimitsu Ichiraku(drums,Computer)
ドラムによるコンピューターコントロールシステム「ドラびでお」はドラマー一楽儀光によるソロ・ユニットでドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールしている。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評をはくし2011年にはヨーロッパ、イギリス、アメリカ、韓国他でのワールドツアーが決定している。知的でストイックな作品が主流のメディアアートシーンの中、彼の作品は粗野で下品そしてくどいぐらいのエンターテイメントである。2005年にはARS Electronica(オーストリア)にてその年最も優れたDigital Musicsに贈られるHonorary Mention賞を受賞。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として招待され2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。
http://web.mac.com/dr.ichiraku/iWeb/doravideo/welcome.html

絹川友梨 Yuri Kinugawa
俳優/インプロバイザー/演出家/インプロワークス(株)代表取締役。東京出身。ニュージーランド在住。俳優業の傍ら、即興演劇(インプロ)を国内外で展開する日本インプロ界の先駆者。東京での定期的なパフォーマンス/ワークショップに加え、藤浩志、野村誠、アンドリュー・マクミランなどアーティストとのコラボレーションも多々。海外の活動では、98年ストックフォルム国際映画祭主演女優賞/ニュージーランド・ベスト外国人パフォーマー賞受賞。06年ドイツ「シアタースポーツ世界大会」に日本チーム・キャプテンとして出演。リオン、アムステルダム、ベルリン、ヴォツバーグ、エドモントン、シアトル、メルボルンなど国際インプロ・フェスティバルへの出演も多い。現在世界12カ国のメンバーで構成されたインプロ集団OIPのメンバー。今年10月にはスロベニアでの公演が決まっている。桐朋学園短期大学、お茶の水女子大学、茨城大学非常勤講師。
http://www.impro-works.com

プロフィール

cmflog

Author:cmflog
Creative Music Festival の記録用のブログへようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。