FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMF2013 参加募集要項

●CREATIVE MUSIC FESTIVAL 2013
クリエイティブ・ミュージック・フェスティバル2013
テーマ:ソーシャルデザインとしての音楽

「暑い夏に音楽をしてあそぼう!」と始まった小さいこのフェスティバルは今年で15年目を迎えます。どうぞ楽器を持ってご参加ください!

ゲスト:
アサダワタル(日常編集家)
永幡幸司(サウンドスケープ研究家)
沼田里衣(音遊びの会・音楽療法)

日程:2013年8月31日(土)~9月1日(日)
会場:岐阜県瑞浪市土岐471番地の8(現在空家)
募集人数:約15名(どなたでも参加できます/楽器や音の出るものをご持参下さい)
参加費:一般15,000円、学生(学生で25才未満の方)14,000円*宿泊と食事付きです。
*過去にCMFに参加された方は一般、学生ともそれぞれ500円引きです。(一般14,500円/学生13,500円)
主催:クリエイティブ・ミュージック・フェスティバル(CMF)


SCHEDULE
1日目 8月31日(土)
13:30~14:00 オリエンテーション
14:00~15:30 アサダワタル《レクチャー》 『リサイクル・「音楽」―音楽を使い回す生活知・例えば、流行歌のサイドストーリー創作WS(『会いたい』の主人公が『ロード』の主人公と心の隙間を埋め合う時)―』
15:30~17:00 沼田里衣《ワークショップ》 「平等で面白い音楽の作り方」
17:00~18:30 稲荷温泉探検
20:00~22:00 永幡幸司《講義+討議》 「社会の聴診・・3.11以降の音の世界から私たちは何を聞き取ることができるか?」

2日目 9月1日(日)
09:30~11:00 アサダワタル《ワークショップ》 『リサイクル・「音楽」―音楽を使い回す生活知・例えば、流行歌のサイドストーリー創作WS(『会いたい』の主人公が『ロード』の主人公と心の隙間を埋め合う時)―』
11:00~12:30 コンサート準備
13:30~15:00 公開コンサート(参加者全員)

《コンサートについて》  音楽に限らず、どのような表現でも発表することができます。また、みんなで行いたい企画で実現可能なものなら、コンサートまでに準備して初演することもできます。
*時間は変更することがあります。


GUESTS
アサダ ワタル (Asada Wataru)  
1979年大阪生まれ。“日常編集家”という名の放浪芸人。公私の狭間、異分野間を漂泊しながら、既存の価値観を再編集する表現を、文章、音楽、プロジェクトを通じて創作・提案。著書に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書房)、『編集進化論 editするのは誰か』(フィルムアート社) 等。『ソトコト』や『マガジン航』等で連載。音楽を主体に各地でワークショップを展開しつつ、ドラムを担当するSjQ++(HEADZ)にて、アルスエレクトロニカ2013 デジタルミュージック/ サウンドアート部門準グランプリ受賞。神戸女学院、プール学院大学にて講師をしつつ、滋賀県立大学大学院環境科学研究科博士後期課程にて、芸能的観点から生活文化としての音楽のあり方とその担い手の生き方について研究中。今秋、平凡社より編著本『アール・ブリュット アート 日本』上梓予定。http://kotoami.org/

永幡 幸司 (Nagahata Koji)
サウンドスケープ研究者.子供の頃からの音(もちろん音楽も含む)好きが高じて,九州芸術工科大学(九州大学芸術工学部の前身)音響設計学科に進み,大学図書館で偶然出会った『世界の調律』(マリー・シェーファー著)に魅了され,サウンドスケープ研究を志す.卒業研究で取り組んだ俳句に詠み込まれた音環境の研究を皮切りに,バリアフリー,拡声器騒音,騒音政策など様々な問題について,サウンドスケープの視点からの検討を加えてきた.原発事故後は,福島大学長の根拠の乏しい安全宣言への批判を手始めに,安易に安全を語ることへの批判を行うと共に,震災・原発事故に起因する音環境の変化の様子を記録し,発信し続けている.現在,福島大学共生システム理工学類准教授,日本サウンドスケープ協会常務理事.
http://www.sss.fukushima-u.ac.jp/~nagahata/index-j.html

沼田 里衣 (Numata Rii)
学術博士。音遊びの会代表。日本音楽療法学会認定音楽療法士。幼少よりピアノを習い、クラシック音楽に親しむが、大学院より即興音楽療法の研究と実践を始める。活動を進めるうち、音楽療法の場における音楽の面白さとそれを社会の様々な人でシェアする必要性を感じ、2005年より、知的障害者と即興音楽家が同じ地平に立って新しい表現を開拓するプロジェクト「音遊びの会」を始める。2009年博士課程修了後は、障害の有無を問わず様々な人が関わる音楽プロジェクトを企画、関係性の構築の仕方とその結果として生み出される作品との関係について考え続けている。
http://riinumata.com/

INFORMATION
お申込みについて 
8月24日(土)までにお申込みください。お申込みの状況によっては、早めに締め切る場合があります。8月26日(月)以降のキャンセルはキャンセル料がかかります。参加費は表面をご覧下さい。

お振込【ゆうちょ銀行】 五一八(ゴイチハチ)支店 口座番号:0844520 クリエイティブ・ミュージック・フェスティバル

持ち物 ・楽器または何か音の出るもの(ワークショップやコンサートで使います)
・入浴や洗顔に必要なもの(タオル、石鹸、シャンプーなど) ・パジャマや着替えなど、必要に応じて・蚊よけ、かゆみ止め(民家ですので蚊が入る場合があります。こちらでもご用意していますが、必要な方はなるべく御持参下さい)

お問合せ/お申込み CMF事務局 
090-2801-1510(三宅)
090-5010-0790(若尾)
cmfcmfあっトマーくnifty.com(CMF事務局)


ACCESS
会場住所 509-6101岐阜県瑞浪市土岐町471-8
・JR名古屋駅から中央本線「瑞浪(みずなみ)」駅下車、徒歩7分
・マイカーで来られる方は、前もってご連絡ください。少し離れた場所ですが駐車できます。当日御案内します。
MAP
http://bit.ly/1562UbL

ORGANIZER
寺内大輔
作曲家、即興演奏家、広島大学講師
http://dterauchi.com
スポンサーサイト
プロフィール

cmflog

Author:cmflog
Creative Music Festival の記録用のブログへようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。